晩秋の沢登り

投稿日:2018年10月31日

メンバー:田森、田澤(記)

以前より遡行したいと思っていたS沢を田森さんに案内して頂いた。計画は、初日はS沢源頭付近で幕営し、翌日尾根まで詰めたあとは、T沢をさくっと下降。昼までには戻れるかなぁ、なんてのが前日までの見立て。初日はテン場まで、キノコを探しながらのらりくらりと行く。

こんな滝がいつまでも連続し、いくつ登ったかもわからないが、フリーで登れるので楽しい。

核心の滝は最上部での取り付き方が悪く、危うくなった。

(田森さんのフォローに感謝)

源頭付近は穏やかな山容となり、快適なテン場に着く。

道中で採ったナメコとムキタケ鍋とステーキで宴会。酔っ払いの私は早々に就寝、翌朝はひどく具合悪かった。

 

翌日は尾根まで簡単に出る事ができたが、その後のT沢下降地点までの藪漕ぎは酷かった。

何とかT沢に降り立つが、キノコやわさび畑で遊び過ぎて怪しい時間帯に・・

 

入山地点に戻った時には真っ暗だった。

身体はヘトヘトに疲れていたが、行きたかった沢を周回出来たので満足感に満たされていた。

 

間もなく、この一帯も雪に覆われる。来シーズンにまた訪れたい。

 

釣行記の筆者
タザワ
田澤 大生
カテゴリー
投稿日