早春の渓へ

投稿日:2018年4月14日

 

4/14-15、早春の渓へ一泊二日の釣行です。

メンバーは私田澤とシメさんの2名。

前日に風邪を引いてしまい、天候も芳しくない予報だったが、「渓が呼んでいる」と言い聞かせ、予定通り山へ向かった。

久々に20kg程のザックを背負って入山。

まだ体が慣れていないのか、足が重い・・。

 

テン場手前で、ドライフライに出てくれました。嬉しい。

あちらこちらで岩魚が泳いでいるのが見えるのが楽しい。餌釣りのシメさんもポンポンと良型を釣り上げ、テン場へ。

 

 

定番の刺身と天ぷら、バッケもつまみに。

コゴミも少し出ていました。

この後、予報通り雨が降り出し始めましたが、酔っ払いには関係ありません。

どんどんアルコールを投入していきます。

 

このあたりから、もう意識はありません。

酔っ払いは、雨が降りしきる外に電話を放り投げ、寝袋に入ることも無くテント(シート1枚のシェルター)に潜り込み爆睡。

翌朝、風邪をこじらせ酷い状態に (笑)

 

翌日は雨で雪解けも進み増水。

釣れそうではありましたが、風が強く釣りをする気になれない・・。

午前中に切上げて帰路へ。

帰りはカモシカに見送られます。

風邪をこじらせた私に 無理するなよ と優しく諭しています。

コゴミも顔を出し始めたし、欲たかりの山菜シーズンが楽しみです。