宮城釣行&晩春登山

投稿日:2017年6月3日

宮城県の某沢への釣行と春山登山を同時に楽しむ企画で、大見さん、Iさん、田澤(記)の3人で一泊二日で行って来ました。

登山道・沢歩き全工程15~16キロ、累積標高差約1,200mをヒーハー言いながらのスタートです。

とりあえず、登山道をしばらく歩き、入渓。

 

8~9寸くらいの岩魚を釣りながら、とぼとぼとナメを釣り上がります。

田澤、尺バラしました(笑)

 

Iさんです。

 

この先で華麗?な泳ぎを疲労してくれました(笑)

寒くないんでしょうか。

 

エゾハルゼミがうるさいほど鳴いていたので、夏と勘違いしたのかも!?

 

岩魚は塩焼きと刺身と天ぷらにしました。

骨と皮、頭はそのまま素揚げで。

 

奥に写っているテントは、某大学のワンゲルです。

 

この他、途中で収穫したミズとフキでつまみを作り、宴会開始。

私はいつも通り、二日酔いを目指します(笑)

 

翌朝は、標高差約640mの急登を這い上がり、頂上を目指します。

 

荷物が重い・・。

 

上に行くほど、風が強くなり、ガスもかかってきました。

 

頂上に着きましたが、展望無し・・・。

風が強くて立っていられません。

と、いう事で早々に下山。

 

楽しみは次回に取っておきます。